Project

General

Profile

Commit Policy (ja) » History » Version 6

Version 5 (Kousuke Ebihara, 2009-10-05 01:42) → Version 6/10 (Kousuke Ebihara, 2009-10-06 18:01)

h1. コミットにおけるポリシー

h2. 範囲

このドキュメントは OpenPNE3 プラットフォーム(これはプラグインを含みません)の開発においてのみ効力を発揮します。

h2. どこで作業をおこなうべきか

GitHub におけるあなたのレポジトリを使用してください。もちろん、希望するのであれば、あなたが所有するサーバのレポジトリを使用することもできます。

原則として、共有レポジトリである 原則として、 git@github.com:openpne/OpenPNE3.git に直接 push はしないでください。たとえあなたが権限を持っていたとしても、あなたのブランチから Pull Request をすることで OpenPNE3 に変更を反映してください。直接の push は小さな変更に対してのみ許容されます。

h2. 誰が作業をするべきか

どなたでも構いません。もし OpenPNE の改善をおこないたい場合、自分の Git レポジトリで作業をはじめてください。その際、ブランチを作るのがいいでしょう。

改善が終わったら、GitHub の Pull Request を使うか、 openpne-dev@ml.pne.jp にメールをして教えてください。できるだけ早く変更を確認し、 OpenPNE3 に適用します。

h2. どのようにこのシステムと連携するか

変更を管理するために、作業をはじめる前にチケットを作成してください。

変更とチケットを関連づけたい場合は "refs #1" というキーワードをコミットメッセージに含んでください。

作業が完了した場合は、 "fixes #1" というキーワードをコミットメッセージに含めば関連付いたチケットのステータスが変化します。