Project

General

Profile

Backport(バックポート) #1956

管理画面のナビゲーションフォームでナビゲーションのURLとして想定しない文字列が入力された場合、エラーメッセージを表示するように対処する

Added by Shinichi Urabe over 11 years ago. Updated almost 11 years ago.

Status:
Invalid(無効)
Priority:
Normal(通常)
Assignee:
-
Target version:
-
Start date:
2011-03-17
Due date:
% Done:

0%


Description

現象

管理画面のナビゲーションフォームでナビゲーションのURLとして想定しない文字列がURLフィールドに入力された場合、フォーム上でエラーとならない

ルーティング名、もしくはルーティングのURLとして存在しない文字列が入った場合エラーとするほうがよいと考えられる (表示メッセージ例:「適切なURLではありません」)


opDiaryPlugin を使っている状態で @diary_list → 存在するので ○ @diary_tetete → 存在しないので☓

aaaa/eeee → 存在しないURLなので ☓

hahahaha → URLとして存在しない場合は ☓

原因

修正内容


Related issues

Related to OpenPNE 3 - Bug(バグ) #1955: 管理画面のナビゲーションフォームでナビゲーションのURLとして想定しない文字列が入力された場合、エラーメッセージを表示するように対処する New(新規) 2011-03-17
Related to OpenPNE 3 - Backport(バックポート) #1213: 管理画面のナビ設定画面でエラーが表示されない Fixed(完了) 2010-05-26

History

#1 Updated by Shinichi Urabe over 11 years ago

  • Subject changed from ナビゲーションでナビゲーションとして想定しない文字列が入力された場合、エラーメッセージを表示するように対処する to 管理画面のナビゲーションフォームでナビゲーションのURLとして想定しない文字列が入力された場合、エラーメッセージを表示するように対処する

#2 Updated by Shinichi Urabe over 11 years ago

  • Target version changed from OpenPNE 3.4.11 to OpenPNE 3.4.12

優先度としては高いチケットではないので次期バージョンに見送ります

#3 Updated by Shinichi Urabe over 11 years ago

  • Target version changed from OpenPNE 3.4.12 to OpenPNE 3.4.13

#4 Updated by Shinichi Urabe over 11 years ago

  • Target version changed from OpenPNE 3.4.13 to OpenPNE 3.4.14

#5 Updated by Shinichi Urabe about 11 years ago

  • Target version changed from OpenPNE 3.4.14 to OpenPNE 3.4.15

親チケットが完了していないため修正延期

#6 Updated by Mutsumi Imamura about 11 years ago

  • Target version changed from OpenPNE 3.4.15 to OpenPNE 3.4.16

親チケットが完了していないため修正延期します

#7 Updated by Shinichi Urabe almost 11 years ago

  • Target version changed from OpenPNE 3.4.16 to OpenPNE 3.4.17

#8 Updated by Minoru Takai almost 11 years ago

  • Status changed from New(新規) to Invalid(無効)
  • Target version deleted (OpenPNE 3.4.17)

親チケットに進捗がありませんが、このチケットの内容の対応は 3.4 系で求められているのでしょうか。

特にそのような経緯がなければ対応する見込みのない親チケットの対応前にバックポートチケットを作るべきではないと思います。あるいは今後も note-2 から note-7 のような無駄な操作を繰り返すようであれば、 Target version に 3.4.x のような値を設けてそれを対象としておくようなワークフローに変更すべきです(これはこのチケットに限った話ではありません)。

一旦クローズします。親チケット対応後に 3.4 系で対応が必要だと判断した場合には再オープンしてください。

Also available in: Atom PDF